アフリカで Vegan を食す 〜ルワンダ編 Part1

世界ベジ紀行〜ひつじが訪ねるベジ仲間〜

皆さんMuraho(ムラーホ)!

※現地語(キニアルワンダ)で「こんにちは」という意味

Vegan料理人バーシーこと、椎葉康祐です!

今月は皆さんに、「アフリカ・ルワンダ」のヴィーガン対応レストランをご紹介します!

ルワンダってどこ?

日本からだと遠いので、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。まずは、ここから説明します!

ルワンダという国は、アフリカのほぼ中央部に位置する、面積がほぼ四国くらいの内陸国です。標高は1,000~2,000mと高く、赤道直下ながら年中25℃前後、まるで「夏の軽井沢」のような過ごしやすい気候の高原地帯です。山や丘が多く、別名「千の丘の国」とも言われています。

また、アフリカで最も治安の良い国のひとつでもあり、海外からの旅行者も安心して渡航できます。僕の印象でも、ルワンダには穏やかで親切な方が多く、「困ったときはお互いに助け合う」という精神が根付いていると思います。

ルワンダにもヴィーガン対応レストランが?!

ルワンダまではフランスからの直行便もあり、特にヨーロッパの方々がビジネスや観光目的でルワンダに訪れています。ご存知の通り、ヨーロッパはイギリスを筆頭にヴィーガン先進地域でもあるため、ルワンダではこうした訪問者向けに、ヴィーガン対応のレストランがいくつか存在しています。

西洋風の食事が楽しめるオーガニックレストラン「Afia Organics」

まずはこちら「Afia Organics」。

このお店では、ルワンダで採れたオーガニック野菜を使った西洋料理が楽しめます。


メニュー表にはV(ヴィーガン)やGF(グルテンフリー)ときちんと表記してあります。

今回注文したのは「朝食ビュッフェ」。

ヴィーガンパンケーキに、ルワンダ名物赤インゲン豆の塩煮込み、そしてスクランブルエッグ風の炒り豆腐。豆腐はお店の手作りです!!

こちらはビュッフェ形式なので、おかわりし放題!ですが価格は日本円で400円以下、と超お値打ち!なぜかというと、ルワンダは日本に比べて物価が安いことはもちろんですが、国内の食材も安価で手に入ることがその理由の一つです。

オーナーは日本人!東南アジアの料理が楽しめる「Asian Kitchen」

続いてはこちら!「Asian Kitchen」です。

オーナーはなんと、日本人女性の唐渡千紗さん。リクルートの元社員で、脱サラしてルワンダで起業した方です。(なんてパワフル!)

AsianKitchenはその名の通り、タイやベトナムなどの東南アジア料理を中心に提供しています。ここは外国人観光客や駐在員のみならず、現地の人々にも人気があります。

こちらでも、お店手作りの豆腐を使用したメニューや、オーガニック野菜を使ったメニューが豊富です。

Vegメニューのみ書かれたメニュー表も用意されています。

今回オーダーしたのは、タイ風焼きそばの「PAD THAI」。

豆腐や米麺が使われていてヘルシー!辛さもマイルドで、日本人好みの味付け!おいしい!

いかがでしたか?

遠くアフリカでも、現地の食材を活用したヴィーガン料理を楽しむことができるのは嬉しいですね♪

ルワンダにお越しの際は、是非、足を運んでみてくださいね!

今回紹介したのは、ルワンダにある外国籍料理のお店でした。

ルワンダの現地料理については、次回の記事で紹介できたらと思います!

それでは、次回をお楽しみに★

Murakoze Cyane(ムラコゼチャーネ)!

※現地語(キニアルワンダ)で「本当にありがとう」の意味。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

★執筆者 Bashi(椎葉 康祐)

1991年東京練馬生まれ、宮崎育ち。名字のルーツは、宮崎県の山間部にある椎葉村。千葉外房いすみ市で約2年間、無肥料無農薬の米・野菜作り、ビーガン料理(動物性食材不使用の菜食料理)を学び、その後旅する料理人として活動。国内外を旅しながら、和食をベースとしたビーガン料理を紹介する料理会を主催。2年間で約80回イベント実施。

また、アフリカ・ルワンダの暮らしを体験し、現地の人々と心の交流をするルワンダ農村体験プログラムを過去6回実施。2019年5月より、拠点を地元宮崎に移し料理活動開始。「食」と「自然」、「人とのつながり」を大切にする「コミュニティビレッジ」を立ち上げるため活動中。

個人サイト→ http://www.bashi1111.com/entry/profile

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

The following two tabs change content below.

asami

『世界ベジ紀行〜ひつじが訪ねるベジ仲間』まとめ役。就職のため新卒でシンガポールへ移住。米系大手IT企業で研鑽を積み、本帰国後ベンチャー企業を経て2018年に辞職。現在は都内郊外でノンベジのパートナー&保護猫2匹と暮らす。家事を愛するミニマリスト。仏語少々。音声配信「Hello Vegan Radio」では、ゲストを迎えた企画を担当している。