イギリス・ドイツでは、スタバでもヴィーガンメニューが!?

世界ベジ紀行〜ひつじが訪ねるベジ仲間〜

こんにちは。日本ヴィーガンコミュニティ代表の工藤柊です。

前回のVEGAN NIGHTSの記事でもお伝えしましたが、今年4月にイギリスのロンドンへ行ってきました。さらに、昨年の12月にはドイツのベルリンも訪れており、ヨーロッパ国内でもヴィーガンフレンドリーで有名な各都市を、実際に自分の目で見て、体験することができました。

ベジタリアンやヴィーガンの人口比率が高いとされているイギリスやドイツ。また「フレキシタリアン」や「パートタイムヴィーガン」と呼ばれる、無理のない範囲で時々ヴィーガン生活を送る人たちも近年増えてきているようです。そのためか、一般的に飲食店ではヴィーガンメニューが提供されていたり、スーパーやコンビニでもヴィーガン商品が販売されています。

ドイツのスターバックスで寛ぐ工藤

色々な飲食店やイベントに参加もしましたが、僕が一番衝撃を受けた場所は、なんと言ってもスターバックスです。と、いうことで、今回はイギリス(ロンドン)とドイツ(ベルリン)のスターバックスから、ヴィーガンの話題をお伝えしたいと思います!

スターバックスでまさかのヴィーガン!

ベルリンのスターバックスにて

ヴィーガンフレンドリーなロンドンとベルリンで、現地のスターバックスに足を運びました。日本でスターバックスに入ると、ヴィーガンの僕はコーヒーを飲むか、少し贅沢してソイラテを飲むかという選択肢しかありませんが、ロンドンやベルリンでは違いました。

ベーグルはベジタリアン
こちらのケーキはヴィーガン♪

昨年訪れたベルリンでは、レジ横にある食品の商品棚に、ドイツ語で「VEGETARIAN」や「VEGAN」の文字が並んでいました。ベーグルはベジタリアンで、アップルパイやサラダなどがヴィーガンでした。こうして、わかりやすく表記されていると、言葉のわからない外国でも選びやすくて助かります。

ロンドンのスターバックス
上の写真の中身はこんな感じ

続いて、ロンドンのスターバックスです。ここでは、ヴィーガンのブリトーが販売されていて、とても美味かったです。店員さんに聞いたところ、ロンドンのスターバックスでヴィーガンメニューが導入されたのは、2017年頃から。ベジタリアンやヴィーガン発祥の地であるイギリスのスターバックスでも、こうしたメニューの導入が、2年前からだというのは正直意外でした。(もっと前からあると勝手に想像していたため)

ヴィーガンフレンドリーな都市

カフェで見つけたヴィーガントースト

もちろん、スターバックス以外にもヴィーガンメニューを導入しているカフェはあります。例えば上の写真は駅前にあった、普通のカフェで見かけた”Avocado on toast”です。コーヒーだけ飲むつもりで、駅前にあったカフェに入りましたが、ヴィーガンマークの食品を見つけ、思わず注文。美味しいヴィーガンメニューを一般のカフェで楽しめることは、嬉しい衝撃でした。

他にも、空港を降りてすぐのコンビニにヴィーガンサンドウィッチが売っていたり、スーパーに当然のようにヴィーガンコーナーがあったりと、ヴィーガンとして非常に住みやすい都市であることを感じました。観光客にも関わらず、ヴィーガンとして不便を感じずに滞在することができ、「これが世に言うヴィーガンフレンドリーなのか!」と感動しました。

日本へ

今回、イギリスやドイツのスターバックスについて紹介しましたが、本当に過ごしやすい街でした。これらの都市をヴィーガンフレンドリーのお手本として、日本でもヴィーガンを実践しやすい環境を整えていく必要があると強く感じています。

Vegewelの2018年度調査によると、日本のベジタリアンもしくはヴィーガンの割合は4.8%だと言われています(※1)。また、近年は訪日外国人の増加もあり、ベジタリアンやヴィーガンへの対応は急務です。NPO法人・日本ヴィーガンコミュニティの目標でもある、「誰もがヴィーガンを実践できる“Hello Vegan!”な社会を実現する」ために、改めて身が引き締まる海外遠征となりました。

諸先進国の状況について「いいなー」と眺めているだけではなく、少しでもヴィーガンフレンドリーな国へ近づけられるように、今後も尽力していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

※1https://frembassy.jp/news-post/vegetarainstatistics/

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

★執筆者:工藤柊/kudo shu       

高校3年にぺちゃんこの猫をきっかけにヴィーガンへ。神戸大学入学後、誰もがヴィーガンを実践できる”Hello Vegan!”な社会を目指して、大学食堂へのヴィーガンメニュー導入、ヴィーガンカフェの店長などの活動を行う。2018年大学を休学し、NPO法人日本ヴィーガンコミュニティを創設。自身のブログを始め、ライターとしても情報発信を行う。

★工藤 柊さんブログ「そうは言っても工藤さん」http://kudoshu07.com/2019/04/11/london-vegan/

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

The following two tabs change content below.

asami

『世界ベジ紀行〜ひつじが訪ねるベジ仲間』まとめ役。就職のため新卒でシンガポールへ移住。米系大手IT企業で研鑽を積み、本帰国後ベンチャー企業を経て2018年に辞職。現在は都内郊外でノンベジのパートナー&保護猫2匹と暮らす。家事を愛するミニマリスト。仏語少々。音声配信「Hello Vegan Radio」では、ゲストを迎えた企画を担当している。