Neoベジタリアン®️料理家 ericoさんに聞いた! ヴィーガン弁当作りを続けるための秘訣4つ

“V”ENTO〜お隣さんのベジ弁当〜

皆さん、こんにちは。

ヴィーガンの“体温ある声”を届けるメディア「ひつじの。」編集次長の大國沙織(@saori_ohkuni)です。

ヴィーガンを生活に取り入れる人達のお弁当を覗き見する、こちらの連載企画!

今回はなんと、京都で大人気の料理教室を主宰するNeoベジタリアン®️料理家 ericoさんをインタビュー取材させていただきました!

(編集長の神谷が私の代わりにみっちりお話を聞いてきてくれました、ありがとう!)

ericoさんは、指導者養成コースを始めとする料理教室のほか、レシピ本2冊の出版など、京都を拠点として精力的にご活動されているだけでなく、22歳と5歳の息子さんを持つパワフルなお母さんでもあります。

そんな料理のプロとしてご活躍するericoさんが今回特別に、お子さんに作るお弁当の中身と、毎日無理なくお弁当作りを続けるための秘訣を教えてくれました!

実は私も以前、ericoさんの料理教室のアシスタントを務めさせていただいていた過去が……! 今振り返ると教室の役に立っていたとは言い難いのですが(笑)、ヴィーガンという枠を飛び越えて、料理や人生哲学にまでお話は及び、毎回学びが満載でとても楽しみでした。

きっとこの記事を読めば、あなたのお弁当ライフも充実すること間違いなし! それでは早速、いきましょう!

秘訣その1:「楽しく食べ切れること」を重視!

−−ericoさんがお子さんのお弁当を作る上で、一番こだわっているのはどんなところでしょうか?

「最後まで楽しく食べ切れるかどうか、ということですね。

子どものお弁当なので、何を入れるかということよりも『最後まで食べ切れた!』という満足感を感じてもらえるように工夫しています。」

−−なるほど、確かにそれは「食べること=楽しい」に繋がりそうですね! やはり見た目にも気を付けていますか?

「そうやなぁ、でも朝は忙しいし、海苔パンチ(海苔に穴をあける道具)を使っておにぎりに顔つけるぐらいかな(笑)。」

▼……なんて言いつつも、こんなに可愛いおにぎり!

いやぁ、可愛い……。こんなお弁当だったら、お昼にフタを開ける瞬間が楽しみになりそう。

秘訣その2:栄養バランスは考えない!

−−先ほど「楽しく食べ切れること」を重視されていると伺いましたが、ほかに気を付けていることはありますか?

「栄養バランスは考えない! ということですね(笑)。」

−−え、というと!?

「栄養的な部分は、お家のご飯で十分調整できるので。お弁当に栄養の完璧さを求め出すと、大変すぎて続きません(笑)。そうなっては元も子もないので、無理をしないのが大事!」

−−なるほど! 確かに、不足している栄養素がないか考えて、見た目にも気を配って……としていたら、時間がいくらあっても足りないですよね。

「そうそう。自分の負担にならないやり方で十分だと思いますよ。最悪、ご飯と海苔さえあればOKやと思う(笑)!」

−−そういえば、子どもって海苔好きですよね!?

「海苔って、実はめっちゃ栄養豊富で、高タンパク高ビタミンの優秀な食材なんですよ〜。全てのビタミンが含まれているともいわれていて、しかも加熱しても壊れないんだとか!」

−−へえ、それはすごいですね! ご飯に海苔つけるだけなら簡単だし、使わない手はないですね!

▼こちらも、幼稚園に通う5歳の息子さん用。「真っ黒くろすけ弁当」

 

View this post on Instagram

 

Erico Higashikawaさん(@pingpangerico)がシェアした投稿

これまた可愛い! こんな風に海苔を使ってしまう斬新なセンスは、さすがericoさん……!

−−こちら、目玉の部分はなんですか?

「りんごをスライサーで薄切りにして、海苔を乗せただけやで。普通は白目にはチーズとか使うんやろうけど、ヴィーガンやからな(笑)。」

−−なるほど、発想がユニークで勉強になります!

秘訣その3:市販品を上手に使う!

−−ヴィーガンの人って料理が上手みたいなイメージがあると思うんですけど、必ずしも皆が皆そうじゃないと思うんです。

料理が苦手な人向けに、お弁当作りのハードルが下がるようなアドバイスをいただけませんか?

「上手にヴィーガンの冷凍食品や市販品を使ったらええんちゃうかな? 朝は時間もないから、時短にもなるしな。

市販のものって大抵そんなに美味しくないから、自分で料理してみようかなって気になるかもしれへんし(笑)。」

−−その手がありましたか! ヴィーガン対応の冷凍食品なんてあるんですね。初心者の方は、取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

秘訣その4:定番のローテーションでOK!

「あとは、毎日違うおかずを作ろうとしなくても、いくつかの定番をローテーションするので十分!」

−−本当にそうですよね〜。私も考えるのが面倒なので、いつも同じ感じです(笑)。ちなみにericoさんの定番は?

「おにぎり、ひえ(雑穀)のフライ、大豆ミートの焼き鳥風、高野豆腐と人参の炊き合わせ、プチトマトあたりかな。

あと子どもの好きなものを入れるのも大事やけど、主人に「普段は食べないものもお弁当だったら食べられるんちゃう?」って言われてからは、家では絶対食べないものもちょこちょこ入れてチャレンジしてもらってるなぁ。

家にいると甘えん坊やけど、幼稚園ではちょっと頑張ってくれるというか。

−−おお、その作戦はいいかも! 少しずつ食べられるものの幅も広がりそうですね。これまで実際どんなものを入れたんですか?

「ブロッコリーとか、フライドポテトとか。でも今食べてくれなくても、いつかそのうち食べられるようになるやろからあまり気にせず、長い目で気楽に見守るのも大事かな。」

−−好き嫌いも、大きくなるにつれて自然となくなっていきますもんね。息子さんは幼稚園生ということでしたが、小学校に上がってもお弁当作りは続けられるのでしょうか?

「そうですね。今も本当は週に2回給食があるんやけど、毎日持たせていて。やっぱり、添加物や農薬、放射能も気になるしな。」

−−確かに、給食はちょっと安全面でも不安がありますよね。でもアレルギーの子も多いですし、お弁当持ちの子が増えているって聞きます。

特にヴィーガンを生活に取り入れているご家庭では、お子さんや自分のためにお弁当を作るというシチュエーションも増えそうですが、今回のericoさんのお話は非常に参考になることばかりでした!

さいごに

いかがでしたか?

お子さんをお持ちのお母さんはもちろん、「ヴィーガンのお弁当を作ってみようかな?」と思っている方にとっても、楽しくお弁当作りを続けるためのヒントが満載でしたね。

毎日完璧なお弁当を作らなきゃ! と思うよりも、いい加減で適当でも、細く長く、気楽に続けることを目指したいなと思いました。

料理家のericoさんの視点からの貴重なお話、どうもありがとうございました!

「こちらこそ、ありがとうございました!!」

ericoさん情報

ericoさんは、「Neoベジタリアン®」という新たな食のカタチをテーマに、料理教室を主催されています。

▼お弁当作りの講座も! カラフルで美味しそう〜! アシスタントをしていた私は、まかないがいつも一番楽しみでした(笑)。

ericoさんの料理教室は、楽しく美味しいのはもちろんですが、その食材そんな風に使っちゃう!? と目からウロコの連続です。

レシピのアレンジ方なども色々教えてくれるので、普段の料理に役立つアイディアも盛りだくさん!

単発の講座も多数開催されていますので、ぜひチェックしてみてください。

▼Neoベジタリアン®料理教室公式HP

▼ericoさんのブログ

▼オンラインレッスンのお知らせ! 気になるけど遠くてなかなか行けなかった方は、必見です!

▼お弁当講座の雰囲気をちょっと覗き見したい方は、こちらの動画をどうぞ! ericoさんの気さくなキャラクターに、思わずファンになってしまいます。

https://www.youtube.com/watch?v=iiBsF-dKe3A&t=161s

▼ericoさんのレシピ本2冊

お弁当のレパートリーを増やしたいときにも役立つ、楽しいレシピが満載◎

www.amazon.co.jp/dp/4905131502

www.amazon.co.jp/dp/490889602X

▼ericoさんの料理講座DVD

動画で実践的に学びたい人向け。

www.amazon.co.jp/dp/B00O0E893W

ericoさんのレシピの魅力は、どんな人も年齢性別関係なく「美味しい〜!!」と一緒に食卓を囲めるところ。

そう、ベジタリアンの方だけでなく肉食系の生徒さんが多いのも、ericoさんの料理教室の特長なんです。

ぜひ、そのめくるめくお料理ワールドに触れてみてください♪

ちなみに「ノンベジの旦那様と、20年以上ラブラブでいられる秘訣」を、編集長神谷がericoさんご夫妻に突撃インタビューしてきましたので、こちらの記事もどうぞお楽しみに……!


記事を読んでくださったあなたへ。

「ひつじの。」のウェブサイトにお越し頂き、心より感謝します。

そして記事を最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。

ひつじの。はヴィーガンの”体温ある声”を届けたいとの願いのもと、2019年4月に始まったコンテンツメディアです。

孤独や不安を抱えるヴィーガンを一人でも多くの人にメッセージを届けようと、編集部一同、寄稿者、取材対象者は全員ボランティアとして参加し、記事を無料配信していますが、自主財源には限界があります。

そこで今後の持続的な運営のために、みなさんに寄付のお願いをしております。

1日10円からできる手軽な社会貢献。ぜひ、以下のボタンよりご支援していただきますと大変うれしく思います。よろしくお願いします。

(ひつじの。編集部一同より)

The following two tabs change content below.
平成元年東京生まれ。出版社で雑誌編集を経て、フリーライター、料理家、イラストレーターとして活動。小学生の頃可愛がっていた金魚を、自分で殺して焼き魚にして食べるという衝撃的な夢を見てしまったショックから、ヴィーガンになる。高校時代に自律神経失調症を患い、古今東西の健康法を試す。家で全裸で過ごす「裸族」のライフスタイルに辿り着き、健康を取り戻した経験を伝える。ヴィーガンの魅力や楽しさをクリエイティブに発信していきたい!