ヴィーガンの「お弁当」連載企画がスタートします!“V”ENTO〜お隣さんのベジ弁当〜

“V”ENTO〜お隣さんのベジ弁当〜

皆さん、こんにちは。

webマガジン「ひつじの。」編集次長の大國沙織(@saori_ohkuni)です。

すっかり春らしい陽気になり、お花見やピクニックが楽しい季節ですね。

さてこのたび、新企画がはじまります。

テーマはなんと、お弁当……!?

ヴィーガンの「お弁当」連載がスタート!

他の人のお弁当の中身が、なんだか無性に気になってしまうのは私だけでしょうか?

お弁当って本来、作る人と食べる人(ここがイコールになることも)だけが知っている、とてもプライベートなものですよね。

この企画では、ヴィーガンを生活に取り入れる人達のお弁当、通称「“V”ENTO」の中身を特別に見せてもらい、ご紹介していきますよ〜!

では、なぜ「お弁当」がテーマなのか? その理由は3つあります。

1.ヴィーガンを実践するハードルを下げるため

「ひつじの。」は、“Hello Vegan!”な社会を実現したい! と考えています。

「ヴィーガン」というワードや飲食店が、少しずつ広まってきているとはいえ、日本ではまだまだ「ヴィーガンの人がどこでも外食できる」環境が整っているとは言い難いですよね。

でも、自分で「お弁当」を持って行くことを選択肢の一つに入れることで、ヴィーガンを実践するハードルはグッと下がるのではないでしょうか?

お弁当なら、自分の好きなものや食べられるものだけを詰めればいいですし、場所を選ばずに広げられるのが嬉しいところ!

2.皆さんのお弁当のレパートリーを広げるため

お弁当の定番といえば、唐揚げ、卵焼き、エビフライ、鮭の塩焼きなど、動物性メニューの印象が強いかもしれません。

けれど、カラフルな野菜などの植物性の食材を工夫して使うことで、栄養的にはもちろん、見た目にも美味しいお弁当が作れるんです!

この企画を通して、皆さんのお弁当のレパートリーが広がり、少しでも日々のお弁当作りが楽しくなったらいいな、と思っています。

ちなみに編集部メンバーも、ちゃっかりレパートリーを増やす気満々です(笑)。

3.「お弁当」の魅力を発信するため

日本の食文化を代表的する、お弁当。

海外では“Bento box”の呼び名で親しまれており「あんな小さな箱にさまざまな具材が美しく敷き詰められ、まるでアート作品のようだ!」と人気を集めています。

インスタでは世界中の人達が、オシャレでフォトジェニックなお弁当の写真を発信していますね。

お弁当は、日本の誇り。エコで、ミニマムで、可愛くて、どこでも楽しめる……。

今一度、この古くて新しい、お弁当の魅力を見直してみませんか?

今日の“V”ENTO〜玄米の巻き寿司弁当〜

さて今回は、私の定番のお弁当を紹介します。

超シンプルな、海苔巻き弁当です!

酢飯は、玄米ご飯に梅酢とゆず酢、炒った白ごまを混ぜたもの。

具材は、高野豆腐と椎茸を醤油とみりんで甘辛く煮たもの、蒸し煮人参、さっと茹でた青菜、たくあんです。

海苔でくるっと巻いて、食べやすい大きさに切れば、全粒穀物・根菜・青菜・大豆製品・海藻・きのこなどがバランスよく入ったお弁当の完成!

巻き寿司の断面も可愛くて、フタを開けるのが楽しみになります。

おかずを何種類も作る余裕はないけど、栄養たっぷりなランチが食べたいな、というときにぜひお試しください。

お弁当作りといっても、こんなに簡単でいいんです! 完璧を求めすぎると、長続きしませんからね(笑)♪

また別の日の具材は、菜の花、蒸し煮人参、豆腐とかぼちゃの卵焼き風(レシピリンクは記事最後)、紅生姜、たくあん、テンペのそぼろ風など。

こんなに欲張って具を入れてしまっても、意外とちゃんと巻けるんです〜!

巻き寿司をカットするときのコツは、一度切るごとに、包丁の刃を濡れぶきんでふくこと。

ひと手間ですが、これだけで綺麗にスパッと切ることができますよ。

ちょっと具が下の方に偏ってしまいましたが、味は一緒なので、細かいことは気にしません(笑)。

京都に住んでいた学生時代は、よく鴨川の河原で一人ピクニックをしていました。

頬をなでるそよ風、葉ずれの音、小鳥のさえずり、川のせせらぎ……。

春から初夏にかけては、外で食べるのが気持ちいい季節ですよね。

適当に作ったお弁当でも、とびきり美味しく感じられるから最高です(笑)。

次回のお弁当も、どうぞお楽しみに……!

レシピ:「豆腐とかぼちゃの卵焼き風」の作り方はこちら


記事を読んでくださったあなたへ

「ひつじの。」のウェブサイトにお越し頂き、

そして最後まで記事を読んでいただき、本当にありがとうございます。

ひつじの。はヴィーガンの”体温ある声”を届けるため、NPO法人・日本ヴィーガンコミュニティが運営を行っております。

孤独や不安を抱えるヴィーガン=「ひつじ」へメッセージを届けようと、編集部一同、寄稿者、取材対象者は全員ボランティアとして参加しています。

人間、動物、地球、すべてに優しく、明るい未来を一緒に作るため、サポートをしませんか?

1日10円からできる手軽な社会貢献。ぜひ、以下のボタンよりサポートの詳しい情報をご覧下さい。

(ひつじの。編集部一同より)

The following two tabs change content below.
平成元年東京生まれ。出版社で雑誌編集を経て、フリーライター、料理家、イラストレーターとして活動。小学生の頃可愛がっていた金魚を、自分で殺して焼き魚にして食べるという衝撃的な夢を見てしまったショックから、ヴィーガンになる。高校時代に自律神経失調症を患い、古今東西の健康法を試す。家で全裸で過ごす「裸族」のライフスタイルに辿り着き、健康を取り戻した経験を伝える。ヴィーガンの魅力や楽しさをクリエイティブに発信していきたい!